コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

<鳩山首相>「ぶら下がり」やめたい 周囲に意向(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相が平日に原則2回のペースで行っている「ぶら下がり取材」を取りやめ、記者会見に切り替える意向を周囲にもらしている。記者クラブ加盟の記者によるぶら下がり方式ではなく、フリーの記者も参加する「オープン会見」の回数を増やしたいとの希望からだ。米軍普天間飛行場の移設問題などで、短いやりとりが「ぶれた」との批判を招き、「毎日、同じ質問ばかり」という首相のいら立ちも背景にある。

【俗称は「ぶら下がり」】鳩山首相は1日2回答えている 首相VS記者団

 ぶら下がり取材では、記者と取材対象が立ったまま、質疑を交わす。自民党政権下の小泉純一郎元首相から導入されたが、発信の場として活用した小泉氏に対し、その後の政権では失言につながるケースもあった。数分間で数問のやり取りを行うため、鳩山政権内にも「真意が伝わりにくい」(首相周辺)との不満がある。

 首相は3月26日、フリー記者も参加したオープン記者会見の後、「(記者クラブに所属する)決まった社だけが参加できるぶら下がりはおかしい」と周辺に疑問を呈したという。今月21日には、司会役の首相秘書官が質問を打ち切る前に首相が席を外す場面もあり、政権発足当初に比べ、記者団との関係はぎくしゃくしている。

 過去の安倍、福田、麻生各政権でも、内閣支持率が下落すると、ぶら下がりの回数制限などが検討されてきた。発信する中身ではなく、やり方にこだわるのは、総じて政権が「下り坂」に入った時だった。複数の側近議員は引き続きぶら下がりを行うよう進言している。

 26日夕のぶら下がり取材では、支持率下落に関する質問が記者団からあり、首相は「内政・外交問題で、国民のご期待に応えるよう精いっぱい努力すると、それしかない」と強調。同日、大相撲春場所で史上初の幕内在位100場所を達成した大関・魁皇関=本名・古賀博之氏=を首相官邸に招き、内閣総理大臣顕彰を授与した際には、魁皇関によると、首相は「(政権を)少しでも、長く続けられるようにしたい」と意欲を示したという。【山田夢留】

【関連ニュース】
【過去2ヶ月、首相は何を語ったか】俗称は「ぶら下がり」鳩山首相VS記者団 アーカイブ
【図説で読み解く】鳩山由紀夫首相の略歴、語録、人間関係
鳩山政権の通信簿:マニフェスト検証 7カ月目
【支持率低迷にあえぐ】ドキュメント 9.16鳩山内閣誕生の1日
【支持率低迷にあえぐ】7ヶ月前、意気揚々としていた鳩山氏

女性をホテルに6時間監禁「永遠に一緒」と誓約書も 元交際相手を逮捕(産経新聞)
<ローソン>3000万円要求の脅迫文書が届く…警視庁捜査(毎日新聞)
<はやぶさ>6月13日帰還 7年間45億キロの旅終え(毎日新聞)
高速新料金再見直し「無料化と矛盾させない」と首相(産経新聞)
参院選公約に「国民安心税」=自民(時事通信)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

「地球の自然感じることできてうれしい」 山崎さんが感謝の言葉(産経新聞)

 【ケネディ宇宙センター(フロリダ州)=犬塚陽介】スペースシャトル「ディスカバリー」で宇宙から無事帰還した山崎直子さん(39)は20日、滑走路でNASA関係者の出迎えを受け、同僚の搭乗員らとともに周囲への感謝の言葉を述べた。

 6番目にマイクの前に立った山崎さんは、NASA職員らを前に「訓練やミッションをともにした多くの人々とこうして歩くことができるのは、大きな喜びです。また、安全にできたことにも満足しています。ありがとうございました」と語った。

 その後は日本語で、「戻ってくることができて本当にうれしく思います。美しい地球で、こうして地球の自然を感じることができてうれしく思います。お世話になったみなさまに感謝を申し上げたいと思います」と笑顔をみせた。

【関連記事】
【写真】山崎さんが地球帰還 笑顔で地上に降り立つ
【写真】山崎さん宇宙から帰還 ディスカバリーが着陸
山崎さん、日本文化多く発信 随所に女性らしさ
宇宙からアサガオの“種”帰還 山崎さんに日比野さん、託す
両親へ“宇宙からの手紙” 山崎さん「ありがとう」

検察官役弁護士「有罪を確信」 明石歩道橋事故で元副署長強制起訴(産経新聞)
イラストレーターの阿部真理子さん死去(時事通信)
懲罰委員長に浅野氏内定=自民(時事通信)
<中尊寺>僧侶逮捕 女子高校生にみだらな行為した疑い(毎日新聞)
<将棋>羽生強気、終盤へ 名人戦第2局(毎日新聞)
コンテントヘッダー

<「衆参同日選」論>「消費増税」「普天間」打開へ、リセットの誘惑(毎日新聞)

 与野党通して衆参同日選を巡る憶測がかまびすしくなっている。背景には米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題と、財政危機の深刻化で先送りが困難な消費税論議がある。政権中枢の仙谷由人国家戦略担当相が同日選の可能性に言及したのも、鳩山政権で越せそうにないハードルを一挙に越える起死回生策への誘惑にかられているためだ。【須藤孝】

 「日本は財政上大変厳しい。大命題が目の前にある」。16日に鳩山由紀夫首相の退陣と同日選の可能性に言及した仙谷氏は、同日選で問うテーマに消費税を挙げた。仙谷氏は13日にも「消費税を掲げて選挙をしなければ信頼のおける政権にならない」と語っている。

 菅直人副総理兼財務相も「増税しても使い道を間違わなければ景気はよくなる」と消費税の税率上げには理解を示す。6月中に政府が策定する「中期財政フレーム」でも明確な方向性は打ち出せず、年末の予算編成というハードルを越える見通しは立たないからだ。

 ただ、小沢一郎民主党幹事長は「半年で基本が変わるのは国民に理解されない」(12日)と述べ、鳩山首相も「私が政権を担っている間は(消費税増税を)しない」(3月13日)とし、現政権では消費税増税の封印は解けていない。そんな中、仙谷氏が消費税を軸に同日選を掲げたのは、こうした政策実行の制約を取り除きたいとの思いからとみられる。

 仙谷氏の狙いはそれだけではない。衆参同日選後に、民主、自民両党内の財政再建派が結集し、民主党のバラマキ政策を攻撃する与謝野馨元財務相ら新党グループも巻き込む政界再編を視野に入れているとの見方も取りざたされている。

 仙谷氏は持論の2大政党制について「1度の政権交代で定着するものではない」と漏らしたこともある。仙谷氏と距離があるとされる小沢氏は選挙前の消費税率引き上げ論議を封印しているが、小沢氏周辺は「小沢氏が最終的に目指しているのは憲法改正と消費税だ」と指摘し、仙谷氏と考えを共有する複雑な関係を説明する。

 一方、普天間問題は5月末に政府側が「決着」を演出したとしても、米国の同意も含めた「解決」は困難で、政権の求心力低下は避けられない。「顔」を代えて局面を転換し普天間問題をリセットするという誘惑も強まる。

 菅氏に近い民主党のベテラン参院議員は「民主党は自民党の民意を問わない政権たらい回しを批判してきた。首相を代えるなら同日選で信を問うべきだ」と語った。

【関連ニュース】
民主の大勢「やるわけない」 自民、小沢氏に戦々恐々

<郵便不正裁判>団体設立の河野被告に懲役1年6月求刑(毎日新聞)
船体に赤い塗料…シー・シェパードの妨害受けた調査捕鯨船団母船が帰国(産経新聞)
雑記帳 高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬(毎日新聞)
東北新幹線八戸-新青森駅間で試験走行始まる(産経新聞)
パトカー追跡のバイク、列車と衝突=けが人なし、男2人が放置して逃走-三重(時事通信)
コンテントヘッダー

ナイフで突然女性襲う=殺人未遂容疑で27歳女逮捕-警視庁(時事通信)

 12日午後9時ごろ、東京都文京区大塚の区立大塚公園で、歩いていた女性(35)が突然、女に背中などを刃物で切り付けられた。通行人からの110番で駆け付けた警視庁大塚署員が、殺人未遂容疑で、自称無職児玉恵子容疑者(27)=大田区鵜の木=を現行犯逮捕した。女性は命に別条ないという。
 同署によると、同容疑者は「人に裏切られ、誰でもいいから傷つけたかった」と話し、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、持っていた果物ナイフ(刃渡り9.5センチ)で、女性の左ほほや背中を切り付けるなどし、殺害しようとした疑い。 

【関連ニュース】
職質警官刺され重軽傷=男が逃走
銃剣持ち出し倉庫で保管=わいせつ行為で逮捕の自衛官
両腕遺体は女性会社員=競艇場に流れ着く?
刃物強盗、男2人を逮捕=薬局に押し入り70万円奪う
酒店主強殺で無職男に無期懲役=「殺意に基づき計画的」

銅線2.3トン盗難、売却直前で放置 神戸新交通(産経新聞)
法相、社団法人調査を指示 無利子融資問題で(産経新聞)
<訃報>西山静さん85歳=元東京商工リサーチ社長(毎日新聞)
<大学入試センター>民営化検討の考え示す…枝野担当相(毎日新聞)
国の情報公開 制度見直し 15日に初会合(産経新聞)
コンテントヘッダー

選挙運動優先の思惑、参院本会議わずか週一に?(読売新聞)

 参院で月、水、金曜が定例日となっている本会議を可能な限り水曜日に絞る案が与野党双方から浮上している。

 夏の参院選を控え「選挙運動を優先させたい」との思惑があるためだ。

 発端は、先月の議院運営委員会で、公明党が「月曜日と金曜日の本会議を控えよう」と提案したことだ。西岡武夫委員長は「月曜日と金曜日に本会議をやらない合意などあらかじめできない」としているが、今国会は政府提出法案が例年より少ないうえ、審議は与党ペースで順調に進んでいる。本会議の日程は、「与野党の意向次第で回数を減らせる」(国会関係者)状況だという。

 衆院側からは「職場放棄に等しい」(民主党若手)と疑問の声も上がっている。

<在沖縄海兵隊>「北朝鮮核除去」の役割認める…防衛政務官(毎日新聞)
<読めば読むほど>「立ち上げる」で思う(毎日新聞)
父親殺害容疑で37歳男逮捕 青森県警(産経新聞)
遼くんみたくなれるかな? 久月がオリジナル五月人形を製作(産経新聞)
ビール瓶で警察署を襲撃 少年3人逮捕、千葉(産経新聞)
コンテントヘッダー

自民候補推薦、撤回の意向=原中新会長が会見-日医(時事通信)

 日本医師会(日医)の会長選で新会長に選出された原中勝征氏(69)は1日午後、都内で記者会見した。原中氏は、今夏の参院選に向けて日医の政治団体である日本医師連盟が機関決定している自民党の西島英利参院議員の推薦について、「近く総会を開いて再度討議していただこうと思っている」と述べ、撤回の意向を示した。
 原中氏は「定款の中に『政権政党と一緒に医療政策をやっていく』とある。政権が代わり、ある程度対処は変わるだろう」と述べた。 

【関連ニュース】
自民候補の支援は継続=参院選の対応で

大麻所持容疑の大阪府立高校教頭「仕事のストレスもあった」(産経新聞)
「弁護士バー」12日オープン (産経新聞)
「参院選後は政界再編」=民主・渡部氏(時事通信)
首相動静(4月1日)(時事通信)
<人事>文部科学省(毎日新聞)
コンテントヘッダー

群馬県警で新発売“パトカーだるま”人気(産経新聞)

 群馬県警本部の売店で今月、「県警だるま」が発売され、1カ月弱で300個以上が売れる人気商品となっている。店員の女性は「一般の人がこんなに店に来るのは、初めて」と話している。

 県警だるまはパトカーをイメージし、胴体が白と黒の2色、頭頂部が赤色灯を模した赤色。全国有数のだるまの産地、同県高崎市の業者が製造した。県警厚生課では「玄関や店頭に置くことで、空き巣対策にもつながれば」と期待を寄せる。

 タオルやカップなどの人気商品として知られる警視庁のマスコット「ピーポくん」グッズをはじめ、全国で趣向が凝らされる警察関連商品。犯罪に“にらみ”を利かせる県警だるまは、800円。新キャラクターとしてどこまで支持を伸ばせるか。

【関連記事】
ネットで丸儲け!“究極のレア”警官エンブレムの魅力
非出会い系サイトでも児童・生徒の犯罪被害急増
ネット時代のアイドル「AKB48」ファン狂騒曲
ネット発“即席記者” 即時に事件“中継” 捜査妨害や誤情報も
ばいきんまんの角折られる 高知の商店街、県警が器物損壊で捜査

<高校無償化法案>31日成立へ 参院文教科学委で可決(毎日新聞)
わいせつ致傷容疑で小学教諭逮捕=女子大生に馬乗り、胸触る-愛知県警(時事通信)
山手線外回りが運転再開 架線トラブル(産経新聞)
<チューリップ>700本が倒される…大阪・鶴見緑地(毎日新聞)
河村市長「わしも協力」議会解散署名呼び掛け(読売新聞)
プロフィール

ミスターふさおひだか

Author:ミスターふさおひだか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。